「給料3か月分」は昔の話?婚約指輪の相場はおいくら?

気になる婚約指輪の平均値

プロポーズには婚約指輪を添えて、結婚の申し込みを考えている男性にとっては頭の痛い問題ですが、実際のところ、最近では婚約指輪は省略されることも多くなっています。それでも愛する女性のため、楽しみにしているからと頑張って用意する人もいるのですが、問題となってくるのはいわゆる「給料3か月分」です。
給料の3か月といっても人によってそれぞれ違いがありますし、実際のところ幾らかというと、現代の相場は50万円前後といったものとなっています。これが安いと思うか、はたまた高く感じるかはそれぞれの価値観や経済状態の違いにありますよね。ただ平均値を知っていれば、購入の際に基準のひとつになりますので、チェックしておくことが大事です。

結婚指輪についても知ろう

それでは結婚指輪はどうかというと、平均が16万円前後と婚約指輪の3分の1という結果になっています。ふたつ合わせて給料の2か月分、今のボーナスといったところになるかもしれませんね。
ではプロポーズの際に婚約指輪を添える必要があるのかというと、実はありません。日本ではジュエリーショップのキャンペーンとしてはじまって、高度成長期、羽振りが良い時代に定着しただけのことです。そしてプロポーズの後に結婚が待っていて、式を挙げる、新居を探す、家財道具の購入など、費用が掛かってきますので、経済状態によってはパスした方がむしろいいのです。
ただ女性の中には憧れを持っている人もいますので、相手の考えをリサーチすることが必要になります。