プロポーズから結納まで、婚約指輪を渡すタイミングは?

お金がかかる事だからこそ

プロポーズなどにおいては、一生に一度あるかないかの大事なイベントと言えるのではないでしょうか。そのため、プロポーズする際には婚約指輪などを渡す方もいらっしゃるでしょう。この婚約指輪に関しては、それなりの費用が必要なものです。大きな買い物だからこそ、失敗した時にその費用が無駄になる可能性もあると言えます。
プロポーズを行う際、婚約指輪を購入する際などはより確実な確証を得るように努力しましょう。行動に移す前にそれとなく結婚に対する意識などを相手に聞いておくと、より判断しやすい可能性もあると言えるかもしれません。精神的にも金銭面的にも無駄にしないための根回しを行わずに、勢いだけで行動しないようにしましょう。

婚約指輪を渡すタイミング

プロポーズ時に婚約指輪などを用意している方は、そんなには珍しくないのではないでしょうか。基本的には渡すタイミングについては、結納前までに渡しておく必要があると言われる場合もあると言えますが、二人の気持ちの問題ですので確実にそうしなければならないというものでもないと言えます。
婚約指輪ではなく、ペンダントやネックレス、ピアス、時計などと渡すものが異なる場合もあり、凝り固まった考え方ではなく二人が幸せと感じるプランで事を進めると良いと言えるのではないでしょうか。時期にこだわりすぎずに、より良いと言えるタイミングで様々な事を実行しましょう。周りが気になるという方は、形式上の形にこだわるのも良いかもしれません。