「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いって?

結婚受諾に対する感謝を表すのが「婚約指輪」

特に男性には「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いを知らず、実際に婚約と結婚をする際にその違いを知ってアタフタする人が多くいます。しっかりとその違いについて把握しておきましょう。
まず婚約指輪は、結婚を承諾してくれた女性に対して男性が贈る指輪のことです。そこには男性の心情として様々なものが籠められていますが、一般的には結婚することを相手の女性が受け入れてくれたことに対して感謝の意を表すために贈られる物だと位置づけられます。従って、その気持ちを表すために独自のデザインを施したり、高額なジュエリーをあしらったりすることがあり、よく「婚約指輪は給料の3か月分だ」などと言われて高額な贈り物であると認知されているのです。

二人で共に生きていこうという誓いを表したのが「結婚指輪」

それに対して、結婚指輪は結婚式で行う指輪交換で使われる男女一対のペアになった指輪のことです。結婚後も夫婦がそれぞれ左手薬指にする指輪がこれで、婚約指輪と違って常用されることが前提となっています。そのため、日常生活を送る上で邪魔になるような装飾性があまり無い場合が多く、結婚指輪の場合はペアで揃えて平均20万円前後だと言われています。
この結婚指輪は結婚式で交換し、その後常用されることから見て取れる通り、「結婚します、しています」ということを内外に視覚的に示すものであるとともに、夫婦間で「共に生きていく」という誓いを表現したものであると言えます。昨今では婚約指輪をそのまま結婚指輪にしつらえる場合も多いようですが、それぞれには籠められる意味合いが違うので、その点は十分理解しておきましょう。